ラトビア-リガ新市街ユーゲントシュティール建築散歩

[記事公開日]2015年11月5日
LINEで送る
Pocket

ラトビアリガ建築については全く知識がないのだけど、変わった建物を見るのが結構好きなので、ユーゲントシュティール(アール・ヌーヴォー)建築の宝庫といわれるリガの新市街をお散歩してみました。

19~20世紀にかけてヨーロッパで起きた新しい芸術運動アール・ヌーヴォー。ドイツではユーゲントシュティールと呼ばれていたようです。

建物全体が、人の顔や女性の裸体、幾何学模様や花・植物のモチーフなどでこってりと装飾されていて、とても華やかです。

ユーゲントシュティール建築群と呼ばれている地域は、旧市街を基点にすると、旧市街と新市街を隔てるピルセータス運河を渡り、自由記念碑のさらに先、エスプラナーデ公園を通り過ぎたところで、西の方角へ15分ほど歩きます。


ラトビアリガ

自由記念碑の手前にある、ライマクロック。


ラトビアリガ

自由記念碑。
元々この場所には、リガのロシア帝国への併合200周年を祝うロシアのピョートル大帝の像が立っていたらしいです。


ラトビアリガ

ちょうど、1時間ごとに行なわれるという衛兵の交代式をやってました。


ラトビアリガ

有名なユーゲントシュティール建築は、アルベルタ通りとエリザベーテス通りに立ち並んでいます。
気になる住宅をパシパシ撮影して、帰国後にガイドブックを見てみたら、ちゃんと建物の製作者と建物名が載っていたので、一応写真と照らし合わせて書いてみます。


ミハエル・エイゼンシュタイン作、共同住宅アルベルタ通り13


ユーゲントシュティール

ユーゲントシュティール



ミハエル・エイゼンシュタイン作、共同住宅アルベルア通り8


ユーゲントシュティール



ミハエル・エイゼンシュタイン作、共同住宅エリザベーテス通り33


ユーゲントシュティール



ミハエル・エイゼンシュタイン作、共同住宅エリザベーテス通り10b


ユーゲントシュティール



ミハエル・エイゼンシュタイン作、リェベディンスキー共同住宅


ユーゲントシュティール



ミハエル・エイゼンシュタイン作、ミツソフ私立学校


ユーゲントシュティール



ミハエル・エイゼンシュタイン作、ボルスラフスキー共同住宅


ユーゲントシュティール



コンスタンチン・ペークシェンス作、共同住宅アントニヤス通り8


ユーゲントシュティール


何がすごいって、こんな派手に装飾された建物に、普通に人が住んでたり、学校として使われてたりしてること。やっぱり、お家賃は相当高いんでしょうかね。

リガの街は、他あちこちでユニークな建築やモチーフを目にするけど、これだけたくさんのアートな住宅が連なっているこのエリアは、華やかさに圧倒されるし、目の保養にもなるし、時間があればお散歩してみる価値アリです!

ついでに、ここからはおまけ。
同じ新市街でも、旧ソ連時代の雰囲気が色濃く残された地域もありました。


リガ

リガ

先のユーゲントシュティール群とそれほど離れていない地域だけど、まるで別の国みたい。
リガは、旧市街の外もちょっと歩いてみるとおもしろいですね。

ラトビア-リガ旧市街(歴史地区)を一周歩いてみた
に続きます。


にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

↑この記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします♡




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA