モバイルWiFiを自宅ネット回線として使ってみる

[記事公開日]2020年1月13日

引っ越しに際し、今まで固定ネット回線として使っていたau光を解約しました。

転居先では、ネットの固定回線は引かずに、代わりにモバイルWiFiを使ってみることにしました。
最近はモバイルWiFiも高速通信かつ月間通信制限なしの使い放題プランがあり、設置&撤去工事が不要、家でも外出先でも使えて便利そうなので、試してみることに。

自宅ネット環境:光回線→モバイルWiFiへ


サービスの選定


似たようなサービスが何社かであり、検討を重ねた結果、最終的には「SPACE Wi-Fi」を契約しました。
民泊物件サイトを運営している会社のサービスで、民泊ホスト用のいわゆる民泊WiFiなんですが、一般の個人でも契約できるモバイルWiFiです。

決め手は、初期費用や解約費用といった手数料が全くかからないことと、契約の縛りがないという2点。
月額は3,680円(税抜)で、他社では月額3,300円(税抜)とさらに安いサービスもあったけれど、初期費用が0円というのは、私が探した限りではSPACE Wi-Fi だけでした。

ちなみに、当初の本命は「クラウドWi-Fi」という、海外でも利用できるクラウドタイプのモバイルWiFiでした。
こちらも月額3,380円(税抜)と格安な上、契約期間の縛りもなく、端末は海外でも利用可かつ接続料金も1日700円~(渡航先によって料金は異なる)と実用的な値段。
ほぼクラウドWi-Fiに決めていたんだけど、昨年末から年明けの現在まで、ずっと在庫切れで申し込みができず(泣)結構人気みたいですね。

検討段階では他にもう1つ、「縛りなしWiFi」というサービスも迷いました。

一応、検討した3つのサービスはそれぞれこんな感じです。


SPACE Wi-Fi

月額料金(税抜):3,680円
契約期間縛り:なし
手数料等:0円
端末:WiMAX(W04)またはSoftbank(801ZT)



クラウドWi-Fi

月額料金(税抜):3,380円
契約期間縛り:なし
手数料等:初期費用3,980円
端末:U2s



縛りなしWiFi

月額料金(税抜):3,300円
契約期間縛り:なし
手数料等:初期費用1,000円
端末:WiMAX(W04、WX05)またはSoftbank(603HW、502HW)


今回は、SPACE Wi-Fiで契約し、ネットからの申し込み後にサポート窓口へ電話し、WiMAX端末を希望と伝えたところ、WiMAX端末を送ってくださるとのこと。
通常は、WiMAX端末かSoftbank端末のどちらかが送られてきますが、回線により繋がりにくい等の問題があらかじめ分かっている場合には、希望を出せるとHPにも記載があります。
サポートの電話もすぐ繋がって、対応もすごく良かったので、ひとまず安心かな。

使い始めてから、また使用感をアップしたいと思います。


実際に使ってみてレビュー


[2020.1.23 Update]

申し込みから3日後、SPACE Wi-FiからWiMAX端末(Speed Wi-Fi NEXT W04)が届き一週間ほど利用してみたので、レビューを追記します。




Speed Wi-Fi NEXT W04(ホワイト)が届きました。
レンタル端末なので予想はしていたけど、端末には結構あちこち小さな傷がありました。

あと、電源を入れてみたら4桁のパスワードを問われ、端末にロックがかかっていました。
でも、SPACE Wi-Fiからの書類にはパスワードについては記載がなく。
カスタマーサポートに電話で問い合わせてみたら、端末リセットをして欲しいと。
ってことは、前の利用者が使っていた時に端末ロックをかけていて、それが解除されていなかったということ。
次のお客さんに発送する前にリセットして欲しかったですけど...。





端末のリセットをして、無事に利用できるようになりました。
W04の端末はスリムで軽いので、持ち運ぶにはいいです。
SPACE Wi-Fiの契約は月間データ量に制限はないけれど、実際にはWiMAX2+の契約と同様、3日で10GBの利用を超えると速度制限がかかります。





W04は、ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードが選択できるようになっていますが、SPACE Wi-Fiからの書類には、ハイスピードプラスエリアモードは使わないように、との注意書きがありました。
ハイスピードプラスエリアモードにするとauのLTE回線も使えるようになるけれど、データ量に7GB/月の制限がかかってしまいます。





で、肝心のスピード。最初に自宅リビングで計測した時は、↑ この状態でした。
下り最大440Mbps、上り最大37.5Mbps 出るはずなんですが...。
もちろん、最大値が出るとは思っていないけど、下りはともかく、上りが1Mbpsも出ないなんて、激遅すぎてビックリ。





WiMAXは、端末を置く場所や角度を変えるだけでも通信速度が結構変わると聞いていたので、色々と工夫してみました。
端末をなるべく窓際の高い場所に置いたり。
電波が分散しないように、キッチンで使っていたボールを使って自作アンテナを設置してみたり。
あと、通信モードもハイパフォーマンスにしました。





その結果、↑ この程度まで速度が出ました。
下りは50Mbps出れば優秀、以前使っていたauひかりでも40Mbppsぐらいしか出ていなかったので、安定してこのスピードで利用できるなら、固定ネット回線の代替として十分使えますし、実際PCを利用していてストレスもありません。
自宅にいる時には充電ケーブルを繋げたまま常時電源ONにしていますが、勝手にスタンバイモードに入って通信が切れたり、といったこともないです。

ただ、下りと比較して、上りはやっぱり遅いですね。
スマホの写真をバックアップとしてOneDriveにも保存しているので、大量の写真をアップロードする時に、上りの通信速度が出ないのは結構ツライです。
ブログを書く時にもリサイズした写真をアップロードしますが、50KB程度にまでサイズを小さくして載せているので、ブログ運営にはこのスピードでも問題はないです。

WiMAX回線を契約するには、利用方法を気にする必要があるのと、上りのスピードが十分出ない可能性がある、ということを念頭に置いたほうがいいかもです。


今後は別サービスの利用も検討


とりあえず、3月末まではSPACE Wi-FiのWiMAX端末を利用してみるつもり。
4月には海外にちょっと長めに行く予定があるので、当初利用を考えていた海外でも接続可能なクラウドWi-Fiを契約しようかなーと思ってます。


↓↓ この記事がお役に立ったらポチお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

follow us in feedly



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA