コスパの良いナチュラル石鹸を見つけた

[記事公開日]

実は最近、ボディーシャンプーと洗顔フォームを卒業し、髪以外はすべて石鹸で洗っています。
石鹸生活を始めてから1ヶ月ほど経つけど、手荒れがおさまりハンドクリーム要らずになったし、顔も洗顔後すぐに保湿しなくても肌が突っぱらなくなりました。
オリーブがたくさん採れるこちらトルコでは、オリーブオイル石鹸はもちろん、ヤギミルクの石鹸、野生ピスタチオの石鹸など、思わず使ってみたくなるような石鹸が色々あります。

トルコではナチュラル石鹸がかなり安く買えるので、お財布に優しいのはもちろん、ボディーシャンプーと洗顔フォームを置かなくなった分、シャワールームがスッキリ。

石鹸といえば、トルコ旅行のお土産で買ってく人も多いですよね。
値段も手頃だから、女子へのばら撒き土産にはピッタリ。


オリーブオイル石鹸

↑ こちら、近所のオーガニックショップで買ったオリーブオイル石鹸。
1個4TL(約55円)、安いでしょ。
手作り感満載の石鹸で見た目はあまり良くないけど、地元の女性がよく買ってくのを見かけるので、きっと品質は間違いないと思われます。

オーガニックショップはじめ、あちこちでナチュラル石鹸を売ってます。
値段はだいたい4TL~5TLですね。
先日イスタンブールに行った時、旧市街のお土産屋さんやエジプシャンバザールなどあちこちで石鹸を見たけど、普段私が使ってるような石鹸は8~10TLぐらいが相場でした。オーガニックの高級石鹸だと50TL以上する物も。観光地価格ですね。
でも、綺麗にラッピングされてて見た目も綺麗なものが多かったので、人にあげるならそっちのほうがいいか。



トルコの石鹸

↑ 写真左の黄色いのは、ブットゥム(Bıttım)の石鹸。野生のピスタチオらしいです。
ヨーロッパのセレブにもファンが多いとか。
様々な皮膚病に効果があったり、洗髪に使えば白髪やフケなどにも効果があるらしい。

写真右のコゲ茶のは、ジュニパータール(ARDIÇ KATRANI)の石鹸。
日本語だと、杜松油ですかね。
今ちょうどシャワールームに置いてあって毎日使ってるけど、かなり強烈な香りがします。
ジュニパータールは、ヨーロッパでは古くから薬として使われているらしい。

そして、ここに写真はないですけど、ジュニパータール石鹸を使う前は、ヤギミルクの石鹸を使ってました。
ヤギミルクの石鹸は、香りも使い心地も穏やか。クセがなくてお気に入りです。

トルコで売ってる石鹸を全種類使い倒そうと決めて、一つずつ順番に使っています。
先に紹介した以外には、ラベンダー、バラ、月桂樹などがあります。

ところで、トルコでは石鹸で髪を洗う人も多いみたいです。
トルコに限らず、世界的に”脱シャンプー”の流れは少し前から続いてますよね。
日本だと、”湯シャン”(お湯で洗うだけ)にしてる有名人もいるようだし。

石鹸シャンプーは、特に硬水の国だと泡立ちがそんなに良くないし、アルカリ性になるからキューティクルが開きまくって慣れるまでケアが大変って聞くけれど、化学物質が一切入ってないわけだから、地肌や髪にはすごく良いでしょうね。
抜け毛が減ったり、髪が太くなったりと、メリットも多いらしいですから。
私もやりたいけど、今は髪が長いしカラーリングもしてるので、まだちょっと石鹸シャンプーはハードルが高いです。


↓ 有名なアレッポの石鹸。これも現在はトルコで製造されてるようです。



割引クーポンコードまとめ


にほんブログ村 その他日記ブログ 40代女性日記へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA