徐々に増えつつある日本からの海外旅行客

[記事公開日]

入国制限措置が緩いトルコには、このコロナ禍でも外国人旅行客が結構来ています。
感染者や死者が激減していても海外からの人の受け入れに消極的な日本とは逆に、トルコは高止まりしているとはいえまだ感染者数や死者数も多いのに、海外からの入国制限は緩い。
春夏のバーケーション時期はヨーロッパ方面からの旅行客が多かったけれど、最近はアジア系の旅行客も徐々に増えているようです。

実はこの夏以降、日本人旅行者と会ってお茶したり、電話で話す機会が何度かありました。
5人ぐらいかな。
特にここ1~2ヶ月は、20~30代前半ぐらいの若い子が多かった。

ちなみに、行動範囲の狭い私がなんで日本人旅行者と出会う機会があるかって、それは周囲のトルコ人によるもので。
例えば、どこかで日本人旅行客を見かけると、彼らは「友達に日本人女性がいるよ!」って、私のこと勝手に紹介しちゃうんです。
こちらの人たち、知り合いの知り合いの知り合いぐらいを平気で「友達」と言っちゃうから、人を伝って日本人を紹介される機会が多くなりがち。
これ、正直言ってちょっと迷惑…って時もあるのだけど(それは後で書きます)。

5~7月ぐらいの間は、ヨーロッパ圏に住んでる日本人がトルコに旅行に来てる、って話をよく聞いたけど、8月以降は日本から来ましたって人が多くなってる印象です。
それはやっぱり、日本が海外渡航用のワクチン接種証明を発行するようになったからですかね。
10日前後の短い旅程で来てた人もいたけど、最近わりと多いのは、オンラインで仕事をしながら旅行をしてるっていう、いわゆるワーケーション中の人や、帰国を含め先の予定は全然未定で、とりあえず気持ちの赴くままにトルコを含め色んな国を周りますっていうノマドさんとか、自由な生き方をしてる人が先行して海外に出始めてるって感じがします。
ただ、近い将来に向けて海外旅行の情報収集をはじめてる人は多くなってるようで、最近はこのブログも海外旅行に関する記事へのアクセスがだいぶ増えてきました。

そういえば最近、日本の水際対策の制限緩和策が発表されましたね。
実際に緩和の恩恵を受けれる人はごく限られているのに、手続きの複雑さばかりが目立っている。
無駄なことに労力を使いすぎな上に対策が徹底されていないから、本当に意味がないと思う。
そして感染者数が増えだしたら、鎖国しろってネット民が騒ぎだす、その繰り返し。

ところで、さっき書いた迷惑って話。
私はそもそも人見知り、正確には人見知りではないと思うんだけど、新しい人との関係を築くのが苦手。すぐに打ち解けるのが難しいタイプで、なおかつ人の好き嫌いも激しい。
だから先に書いたトルコのお友達紹介システムは、結構ストレスに感じることが多い。

最近気づいたけど、過去の話ばっかりする人ってとても退屈に感じてしまい、苦手かもしれない。
特に初めて会った人だと、今その人が何に一番興味があって、今どういうことをしてる人なのかな、ってのを知りたい。
過去にどういうことがあったのか、何をしてたのかってのは、会話の流れの中で自然に分かっていくことが多いから。

この間、「知り合いに日本人がいる、昔トルコに住んでた、今は日本にいるけど連絡とってあげる」と言われ、速攻で「結構です!」と断ったのだけど、後日、勝手に電話を繋がれて話す機会をセッテイングされてしまった。
その方と20分以上は話していたと思うけど、多分発言の割合は9:1ぐらいであちらが話していて、内容は主に、その人のトルコ暮らしの体験談と、こういう意識を持ってたほうがいい、こういうマインドで接したほうがいい、などのアドバイス的なもの。

今このネット時代、経験談や体験談なども含め、知りたい情報は自ら探せば大抵見つかる。
それに、知りたいことは最近の情報であって、10年以上も前のトルコの事情をベースにあれこれ教えていただいても、ぶっちゃけあまり参考にならない。
私はどちらかと言うと、こと生活に関しては、失敗してもいいから自分で体験してみたいタイプなので、人の通った道を同じ方法で進んで、はい正解でしたね、って確認するようなことはしたくない。
せっかく自分なりに楽しんでやってることを、それはそうじゃないですよって、最初から正解を全部言われてしまうのは、知りたくもない映画の結末を勝手にネタばらしされているようで、気分が良くない。
自分なりの正しさってあると思うけど、それを人に押し付けるのは違うと思うし、他人の正義感に基づいたアドバイスほどアテにならないものはないと思ってるので、申し訳ないけどひたすら聞き流しでした。
途中途中で、「で、今は何をされてるのですか?」と何度か聞いたけど、そこは濁されて過去の話に戻されたので、まあそういう人生なのかなと。

昨日はちょうど、それとは真逆な日本人とお茶する機会がありました。
自分より若い30代の女性だったけど、面白い生き方をしていて、その子が考えている将来の話も興味深く、刺激になってとても楽しかった。
そして、なにより今の生活をすごく楽しんでる(かなり独特な方法ではあったけど)のがいい。そういう人と話してるとこちらの気分まで明るくなりますね。
こういう出会いをセッテイングしてもらえるのはとても有難いから、トルコのお友達紹介システムも取捨選択ができればいいのだけど(苦笑)


全然関係ないけど、この女の子。



よく行くレストランの隣りのレストランのオーナーの娘さんで、最近はテラス席で座ってるとよく話しかけに来てくれるようになった。
最近この子の両親とも少し話すようになって、でもそのレストランでは一度も食べたことがなく、座ってるのはその隣りのレストランのテーブルなので...ちょっと気を使ってしまう(笑)






プレゼントといってナプキンにこんな絵をかいてくれた。
「me」と「you」を書いてくれたけど、横並びじゃなくて、私が彼女の片手に持たれてるという独特のセンスが好き。
6歳ぐらいかな?可愛くて癒される♥


割引クーポンコードまとめ


にほんブログ村 その他日記ブログ 40代女性日記へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA