海外ATMでの引き出しに「GAICA(Flex機能付き)」

[記事公開日]
LINEで送る
Pocket

2018年12月8日をもって、新生銀行のキャッシュカードによる海外ATMでの出金取引サービスが終了してしまいました。

新生銀行はサブバンクとして使っており、海外旅行時にもいざという時のお守りで、いつもキャッシュカードを持って行ってました。
でも、海外ATMでの出金ができなくなってしまったのであれば、それに代わる他の物を用意しなくては。

少し前に、上記サービスの終了にともない、新生銀行から「GAICA」というプリペイドカードの案内が来ていました。

「GAICA」は新生銀行のグループ会社アプラスが発行するプリペイドカードで、新生総合口座パワーフレックスを持っている人だと、手数料やサービス面が優遇されるFlex機能がついた「GAICA(Flex機能付き)」を申し込めるとのこと。


GAICA(Flex機能付き)の特徴としては、

・海外/国内のVisa加盟店で使える
・タッチ決済(Visa payWave)に対応
・ICチップ搭載
・新生銀行の口座から入金できる(日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル)
・年会費無料
・入金手数料無料(米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドルの場合は入金額の3.5%)
・為替手数料4%(米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドルの場合は無料)
・海外ATM手数料無料
・払い戻し手数料無料
・再発行手数料1,000

大まかには、上記のような感じ。
Visaデビッドの機能がついた国際キャッシュカード、って感じですかね?
興味ある方は、詳細についてはGAICAのホームページを見てみてください。

よくある国際キャッシュカードでは、手数料4~5%、さらに1回引き出すごとに200円前後のATM手数料がかかるものが多いです。
その点、GAICA(Flex機能付き)はATM手数料がかからないのでイイですね。

ということで、バックアップ用途で持っておこうと申し込みをし、先日届きました。





見た目はクレジットカードっぽいけど、通常アルファベットで名前が書いてある部分は、「GAICA MEMBER」と書いてある。
そして、エンボス加工のないタイプです。





利用する前に、アクティベイト作業をして、さらに海外ATM引き出し機能を利用する為の手続きをネットでしないといけません。
マイナンバーの登録が必要でした。





海外ATMでの引き出しについては、「VISA」や「PLUS」のマーク表示のあるATMで現地通貨を引き出せます。
米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドルであれば、そのままの通貨でチャージができます。

日本円でチャージをする場合、チャージ手数料は無料ですが、為替手数料が4%かかります。
逆に、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドルでチャージをする場合、チャージ手数料が3.5%がかかるけれど、為替手数料は無料です。
いずれにしても、手数料が3.5~4%はかかるということ。

GAICAと同じくアプラスで発行している海外専用プリペイトカード「MoneyT Globalカード」と比べると、Flex機能付きで申し込むのであれば、再発行手数料以外の面ではGAICAのほうがお得そう。

同じく海外ATMで現地通貨が引き出せて、Visaデビットの機能が付いているプリペイドカードとしては、「Sony Bank WALLET(Visaデビットカード)」がわりと使い勝手がよさそうですが、こちらは海外ATM引き出し時に1.76%、かつ1回216円の手数料がかかります。
Sony Bank WALLETは、海外ショッピングの際の手数料が無料(通常は1.6%程度上乗せされる会社が多い)、なのでショッピングで使うにはとても良いカードです。

比較してみると、どのサービスもメリット/デメリットあるので、あれですね。
でも、新生銀行に既に口座を持っている人であれば、「GAICA」が便利に使えそうではあります。





あと、何気にこのタッチ決済(Visa payWave)があるのは、今後イイかもしれません。
タッチ決済の対応店舗は増えてますし、公共交通機関の支払いにVisawaveが使える国もありますから。


話はちょっとそれますが。
一番お得に現地通貨が引き下ろせるといわれている、海外キャッシング。でも、必ずしもベストな方法とは限らない場合もあるので、気をつけてくださいね。
例えば、最近ヨーロッパの空港や駅などに設置されている大手銀行のATMは、Visa/Masterの定めるレートより悪い銀行独自のレートで日本円にコンバートして出してくるところもあるので。
よく分からないから全部「Accept」を押して引き出したところ、実は損な両替をしてた!ってこともありますから。
あと、米ドルだったらそもそも、日本の空港や銀行で両替しても手数料は3%以下になりますし、米ドルやユーロあたりなら意外と現金両替もお得ですからね。


↓↓ この記事がお役に立ったらポチお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

follow us in feedly





LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA