[牛プロジェクト]仔牛を3頭買いました

[記事公開日]

以前このブログでも書いたことがあったけれど、自分で育てた野菜を収穫して食べる、という生活に興味がある私。
こうして自分のやりたいことを周囲に話していると、思いがけないところからチャンスが舞い込むことがあるものです。

トルコでの生活が少し落ち着いた頃、同居人から「そういえば前から野菜を育てたいって言ってたよね?両親の家に空いてる土地いっぱいあるから、やったら?」と。

やるやる~!と二つ返事で現地を見に行き、空いてる土地どこでも好きなように使っていいよと言ってもらえたので、野菜作りは春先になったら始める予定。

同居人両親は、以前は市内に住んでいたのだけど、リタイア後に自然の中で生活がしたいと村へ移り住み、そこで野菜を育てたり、牛や鶏を育てて暮らす、いわば半自給自足生活をしている。
村と言っても、私が今住んでいる市内中心地から車で20分ぐらいのところなので、行ったり来たりはそれほど大変ではない。

そこで聞いたのが、仔牛を買ってある程度大きくなるまで育てて売ると、上手に大きく育てば2倍以上の値段で売れるという話。
雌牛の場合だと、搾った牛乳も売れるそうで、1頭からとれる牛乳が1ヶ月分で現在の日本円換算でだいたい8,000円ぐらいにはなるらしいです。
8,000円といえば、こちらで安い賃貸アパートの月額ぐらいで、トルコでいえば結構な額。

私はこちらへ来てから、トルコの銀行の定期預金が高金利(10%超え)、かつ現在の超円高を利用して、日本円を一定額トルコリラに変えてこちらの銀行へ定期預金し、金利生活でお小遣い稼ぎでもしようかな~、なんて考えていました。
ただ、トルコリラは不安定通貨の代表、金利が高いのにはちゃんと理由があるのです。

そんな時この牛の話を聞いて、銀行に貯金するよりよくない?と思い、軽い気持ちで「私も牛を買いたいなぁ」と言ってみたら、「いいよ、10頭ぐらいまでなら面倒みてあげれるから、買う?」と言われ。
既に小屋には3頭の牛がいたので、あと7頭ぐらいまでならOKとのことだったんだけど、とりあえず初めてなので、まず3頭を買ってみることにしました。

さっそく仔牛を売っている業者から、元気そうな仔牛を選んでもらい3頭購入。
男の子2頭、女の子1頭を買う予定でいたんだけど、雄牛のほうが売る時は高く売れると聞いたので、3頭とも男の子にしました。
1頭3,400TL(購入時の為替レートで約46,000円)で購入、3頭で14万円ほど。
当面の餌代として1万円分ぐらいを渡してあるので、初期投資は約15万円です。




↑の写真、手前で座ってる大きな牛は、もともと牛小屋にいたご両親が買っている雌牛。
この雌牛からは、毎日25kgほどの牛乳が搾れるんだとか。
ちなみに、今妊娠中、もうすぐ仔牛が産まれるんだって。
この雌牛の背後にいる小さい2頭が、今回私が買った仔牛。
おとなしくて良い子たちです。





↑ そして、残りの1頭がこの子。
他の牛にちょっかいだすので、少し離れたところに繋がれてるんですが、なかなか気性が激しい問題児。よく飲んで食べるらしい。
オーナーの私に似てしまったのか...(笑)

今後3頭の仔牛が大きくなったら牛小屋が手狭になるだろうからと、近いうちに新しい牛小屋を建ててくれるそうです。
私もたまに行って餌やりやお掃除を手伝うつもりだけど、実際の飼育はご両親にやってもらうことになってしまう。
リタイアして時間があるし、仕事してたほうが体の調子がいいから大丈夫、と言ってもらってるけど、なんだかちょっと悪いわよね。
コロナの外出制限がとけたら、もっと頻繁にお手伝いに行って、牛のお世話方法や搾乳も教えてもらいたいなーと思ってます。


割引クーポンコードまとめ


にほんブログ村 その他日記ブログ 40代女性日記へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA